陸マイラーのマイレージブログ

陸マイラーが、陸マイル・マイレージをとにかく貯めるために、クレジットカード・Edy・ポイントサイトを活用する人のブログ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    ついに、Amazonがポイント業界に殴りこみです。
    しかも、提携先はJALマイレージです。


    JAL、Amazon.co.jpとオンラインショッピングで提携


    8月15日より提携開始で、JALホームページがますます充実します。


    JALは、日本最大級のショッピングサイトAmazon.co.jpを運営するアマゾンジャパン株式会社(代表取締役:ジェスパー・チャン)と、オンラインショッピングで提携することで合意し、本日8月15日よりサービスを開始することと致しました。


    今回の提携により、JALホームページ(リンク)内にある「JALショッピングpowered by Amazon.co.jp」サイトで、Amazon.co.jpが取扱う豊富な商品が購入可能となります。


    (中略)


    なお、「JALショッピングpowered by Amazon.co.jp」にてJALマイレージバンク日本地区会員の方(2006/07時点:約1667万人)がAmazon.co.jpの販売商品を購入いただいた場合には、「100円=1マイル」の換算でマイルを付与させていただきます。


    JALは、国内最大級のインターネット事業を展開するAmazon.co.jpとの提携により、さらに楽しく利便性が高いサービスを提供してまいります。今後ともどうぞご期待下さい。




    JALショッピング powered by Amazon.co.jp [JALUX]





    これでJALとANAの「陸」での争いも一気に過熱化して来ましたね。


     主なJALマイレージポイント提携サービス
     ・Yahoo! Suica amazon

     主なANAマイレージポイント提携サービス
     ・楽天 Edy TSUTAYA


    今までは、楽天・Edyという大サービスがANA側にあったので、「陸ではANA」と言われてきましたが、amazonの参入で一気にわからなくなってきました。


    100円=1マイルの還元は魅力的です。


    amazonは最近、「ヘルス&ビューティー」のカテゴリーを新設したりとどんどん規模を拡大させています。


    ただ、このamazonの参入で一番困るのは、他のJALのHPで紹介されているサービスですよね?


    「暮らしでマイルをためる」のJALマイレージ提携サービスの半分くらいは、amazonの参入で存在意義がなくなっていきますね。


    例えば、本を買うのにamazonがあれば、bk-1ってもう使わないでしょ?
    一応、bk-1は特約店なので、JALカードのユーザー以外はamazonに流れますよね?


    おそらく電化製品でも同じ流れになると思います。


    さて、これでネット上の大きなサービスは二分化されつつあります。
    あとは、googleが開始していくECサービスがどちらにつくのか、それともどちらにもつかずに独自路線を進むのか?


    これから注目したい部分ですね。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    少しでもお得に旅行したい陸マイラーは、両方のマイレージを貯めることをお勧めします。
    そうすることで、マイレージを得る機会が増えますし、クレジットカードも効率のいい持ち方・使い方ができ、ポイントの取り逃しもなくなりますよね。


    単にどちらがいいのか、選び切れなかったというのもありますし、マイレージ・ポイント情報はさまざまな企業・ポイントの条件が複雑に絡まりあっていますので、1コのポイント改定が全体に響きます。

    その意味でも、JAL、ANA、どちらも貯めることで広い視野が持てます。


    ボクの場合は、entaカードとカルワザカードの支払いをコンビニにして、ANA VISAカード・オリコカードでチャージしたEdyで支払いをします。

    Edyチャージは枠が請求があがるのが遅いので、そのときのEdyチャージ用カードとして、スヌーピーEdyカードを利用。


    7日は、P-oneカードを利用。


    なにかあった場合の予備は、Jiyu!da!カードと決めてます。


    と、いろんなカードを絡めて使ってますし、クレジットカードだけでなく、Edyなどのほかのサービスについてもいろいろと使い方を決めてます。


    それに加えて、外資系のマイレージもポツポツと貯めてます。


    まあ、外資系は横においておくとしても、JAL・ANAを両方貯めておけば、いざ無料特典航空券に変えるときも、便利です。
    実際にボクが沖縄に行くときも、JAL・ANA、両社の時刻表・空き状況の中から便を選べますからね。


    せっかくやるなら本気で、どちらのマイレージも貯めてみませんか?
    思ったよりは難しくないですよ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    特定の路線にこだわりがなければ、貯めやすいマイレージプログラムに参加すべきです。


    ANAマイレージは楽天、TSUTAYAなど大手ポイントサイトと提携をしていることに加えて、Edyを利用してもマイルが付くためJALマイレージよりも貯めやすいとされてきました。

    昨年(2005年度)くらいまでは、「陸マイラー」=「ANAマイラー」であったと言っても過言ではありませんでした。

    ただ、最近になって状況は変わりつつあります。
    ローソン、ヤフー、JTBなど大手企業が一気にJALマイレージの提携企業に参入してきています。

    主なJAL、ANA各社の提携ポイントサービス、クレジットカード会社は下記の通り。



    JALマイレージ
    ANAマイレージ
    Yahoo! 提携ポイント 楽天
    GDO セシール
    大丸 ネットマイル
    東急百貨店 Gポイント
    ローソン TSUTAYA
    三菱東京UFJ銀行 高島屋
    りそな銀行 みずほ銀行
    イー・トレード証券 マネックス証券
    楽天証券 PiTaPa
    PiTaPa 新日本石油
    トヨタ 出光
    グリーンスタンプ 日産
      マツモトキヨシ
      ブルーチップ
    JALカード

    航空会社発行カード

    ANAカード
    P-oneカード

    ポイント移行ができるクレジットカード

    ライフカード
    Jiyu!da!カード 楽天KCカード
    オリコカード ダイナースクラブカード
    Jiyu!da!カード ゆめカード
    オリコカード 出光カードまいどプラス
    スヌーピーEdyカード  
    カルワザカード  


    また、JALカード保有者向けのサービス、「JALカードツアーマイルプレミアム」 (年会費2100円)に登録すると、本来であれば100%マイルから減額される割引運賃での搭乗でも、100%マイル加算されます。

    このようなサービスは現在ANAにはないので、搭乗マイルの貯めやすさのJALという点を加えます。

     

    結局、貯めやすさでも互角であると言えます。あとは各人のライフスタイルによって選ぶのもひとつのポイントではないでしょうか?

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    マイレージを貯めるにはやはり1つのマイレージプログラムに集中したほうが効率もいいです。
    海外出張や海外旅行に頻繁に行く人を除けば、やはり日系の航空会社、JALかANAか悩むところですよね?


    まず第一に確認したいのは、JALとANAで飛行路線は微妙に異なります。
    羽田→大阪、羽田→札幌、羽田→那覇など重要路線はどちらの航空会社の便もあります。


    たとえば、JALならば系列に沖縄離島系の航空会社JTAがありますので、羽田→久米・宮古・石垣の便が多くあります。
    (ANAも時期によっては便があることもあります)


    一方、羽田→稚内の便はANAだけ。

    首都圏在住で羽田空港利用の場合は、さほど影響がないかもしれませんが、地方空港の路線は確認が必要ですし、自分が頻繁に行く地域にフライトがあるかも重要です。


    当然ですが、自分が使いたい路線に就航している航空会社のマイレージを貯めることが一番重要なことですね。


    使いたい路線が特にない、もしくは、JAL/ANAどちらも運行している路線なので、どちらでも。。。という人は、どちらのマイレージが貯めやすさということを考えてみましょう。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    マイレージってご存知ですよね?
    JALやANAなど航空会社が発行するポイントシステムです。


    もともとは、飛行機に乗ったときの飛行距離に応じてマイルというポイントが貯まるシステムなのですが、そのマイルは飛行機に乗らなくても貯めることができるます。


    クレジットカードのポイントをマイレージに交換、インターネット上のポイントをマイレージに交換などさまざまなものがマイルに変えることができます。
    つまり、日常生活でほんの少しの注意を払うだけでマイレージを貯め、そして貯めたマイレージで飛行機にタダで乗ることができるということです。


    マイラーが流行っているのは、旅行に無料で行けるという節約術としての理由のほかに、そのゲーム性にあります。
    マイレージが貯まっていく様子が面白いんですよね、やっぱり。


    というわけで、本ブログでは、ボクのマイレージ取得術・マイレージ最新情報などなどをまとめながら、自分的な備忘録として使おうと思ってますので、よろしくお願い致します。




    ちなみにブログのサイト名「陸マイラー」とは、フライトマイル(空マイル)ではなく、地上(陸)でマイルを貯める人々のことを意味しています。


    「陸マイラー」は、「りくまいらー」ではなく、「おかマイラー」ですので、ご注意を。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    Address
    609 3-3-2 kita-aoyama minato-ku Tokyo 
    Master
    Ritsu Fukamachi
    Tel
    050-5539-8623
    E-mail
    info@oka-miler.com


    陸マイラーの基本は、いつものコンビニでもお支払いOK! OMCのJiyu!da!カード 年会費永年無料です

    このページのトップヘ