陸マイラーのマイレージブログ

陸マイラーが、陸マイル・マイレージをとにかく貯めるために、クレジットカード・Edy・ポイントサイトを活用する人のブログ

    2007年02月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    ANAマイラー用カードとして、人気だったゆめカードの改悪情報です。

    マイレージ還元レートは、すでに昨年改悪され、またポイントシステムなどの変更もあり、現在は100円=0.5ポイント、1ポイント=1マイルなので、還元率は0.5%です。

    (ちなみに、以前は、1000円=1ポイント=10マイルの還元率だったんですが)


    さて、今回の改悪はコンビニ払いの手数料の徴収をはじめる、という発表です。

    ゆめカードは、唯一コンビニ払いができるクレジットカードの中で、コンビニ払い手数料をとっていませんでした。
    コンビニ手数料は、毎月最大315円ですので、年間で315円×12=3780円になります。


    正直、うーん、というところですね。
    還元率が1%くらいあれば、手数料を払っても利用する価値がありますが、0.5%では・・・

    ただ、ゆめカードは誕生日のポイント付与が、4倍になりますので、誕生月専用カードとしての利用が一番でしょうか?


    ちなみに、ゆめカードはコンビニ払い可能・Edyチャージ可能です。
    が、Edyチャージの場合は、1000円チャージで、1.5ポイントと還元率がどっと落ちますので、Edyチャージカードとして利用するのは得策ではありません。



    ゆめカードの次のカード



    コンビニ払いができて、ANAマイレージがためられるカードは、楽天KCカードのみになりました。

    楽天市場公式の楽天カードではないので、ご注意下さい。

    楽天KCカードは、1000円=1ポイント=10マイルに還元できます。
    もちろん、口座申込書未返送で、コンビニ払いが可能。

    欠点としては、ゆめカードと違い手数料を取られることと、マイレージ移行に6000円かかることがあげられます。

    楽天KCカードは種類が豊富で主に下記のカードがあげられます。





    さて、この中でのオススメは、HOME'S 楽天KCカードだと思います。

    理由として、入会金・年会費が永年無料である点があげられます。

    その他の楽天KCカードは、さまざまな利用条件が入っています。
    さほど、ハードルの高い条件ではないのですが、やはり少しでもこのような条件の緩いカードを選びたいもの。


    また、現在キャンペーン中につき、入会でもれなく2000ポイントがもらえます。
    (他のカードは、入会後一定期間の利用制限あり)
    2000ポイントって、そのまま2000マイルですから、かなり大きいですよ。


    さらに、キャンペーンで、毎週抽選で10,000ポイントがもらえたりとキャンペーンは豊富です。(2007年3月31日まで)
    【【改悪】ゆめカード コンビニ手数料徴収へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    2月も今日で終わりです。
    さて、今日で終了してしまう非常に有益なキャンペーンが3つあります。

    JALマイラー向けのクレジットカードです。
    3月は年度末ということで、送別会や4月からの新生活に向けて、出費がかさむ時期ですから、今一度クレジットカードを見直す時期です。

    下記に紹介するカードだけで、JALマイラー向けの基本マイレージカードの組み合わせができてしまいますよ。
    【2月28日まで!最大52500円もらえるキャンペーン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    最近は、マイレージやポイント、クレジットカードなどもブームになっているようで、国民年金がクレジットカード払いできるようになったり、ポイントシステムへのルール作りがなされるなど、陸マイラーさんの話題に事欠かない今日この頃です。


    さて、今年のはじめから「JALマイレージをザクザク貯めるための7の法則」ということで、JALマイレージに絞ったクレジットカード選び、ポイントシステムなどについて解説をさせていただきました。



    今回それをベースに、4大マイレージ、JAL、ANA、NWA、UAと、それらのマイレージをためるのに有効なクレジットカードについてまとめました。



    ■ サイト名

     「クレジットカードでマイレージ

    ■ 概要

    「マイレージを飛躍的に貯めるための、航空会社別クレジットカード選び」




    基本的には、本ブログや、「マイレージの裏技」、「JALマイレージを貯める7つのポイント」、「JALマイレージをザクザク貯めるための7の法則」、「カルワザカード(karuwaza card)」、「OMC Jiyu!da!カード」などで書いてきたことを、改めてリライトしたものです。

    もしよろしければ、ご参考までにご覧いただければと思います。




     「>>クレジットカードでマイレージ<<





    = PR =

    UCSのカルワザカード
    カルワザカード



    コンビニ払い可能で、JALマイレージがたまり、年会費無料、サークルKサンクスでポイント2倍のカルワザカードの1000円のギフト券プレゼントキャンペーンが2月28日までです。

    JALマイラーにとっては、必須のカードといっても過言ではないカードですので、早いうちのお申込をオススメしますね。

    詳しくは、カルワザカード(karuwaza card)に詳細を記載しておりますので、参考にどうぞ。



    カルワザカード 入会金・年会費 永年無料!2月28日までのキャンペーン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    2月も残り一週間です。
    2月中で終わってしまう、クレジットカードキャンペーン、まとめました。

    データーがあるわけではないんですが、おそらくクレジットカードの申込って、3月4月が多いんじゃないですかねぇ?
    新生活でクレジットカードも一新、とか。

    年会費も4月はじまりの会社がほとんどなので、年会費無料のカードは4月につくるのがオススメですよね、きっと。


    ということは、2月はカード申込が少ない月なのではないでしょうか?
    でも、申込者を伸ばしたいカード会社としては、さまざまなキャンペーンを打って、クレジットカードの申込者を集める、と。

    もしかすると、この時期に年会費無料のクレジットカードに入るっていうのは、さまざまな特典がついてお得なのでは?と思うわけです。
    【2月中で終わってしまうキャンペーン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    厚生労働省は2008年初めをめどにクレジットカードで国民年金の保険料を払えるようにする方針だ。カードで払えばポイントもためられ、若者を中心に低迷する納付率の向上に役立つとみている。今通常国会に提出する国民年金法改正案に盛り込む。政府の公金決済では初めての試み。地方税や水道料金など公金決済のカード払いが今後広がる可能性がある。

     05年度の国民年金保険料の納付率は67.1%。対象の3分の1が払っていない。06年度は74.5%を目標に掲げるが、06年12月末時点で前年より0.3ポイント低い64.2%にとどまり、「目標達成は難しい」(社会保険庁)。

    本日の日経新聞1面、ならびにNIKKEI NETより



    国民年金は、コンビニ払い用紙を送ってもらい、Edy払いというのが、来年からは直接クレジットカード払いができるようになるようです。

    国民年金の未納が続いている以上、カード会社に手数料を払ってでも、納付率をあげたいというのが本音でしょう。
    ただ、07年度に「広報・システム開発などの準備を含め1億2000万円の経費を見込む」とのこと。


    そもそも、クレジットカードならば、ポイントたまるから、未納だった若者が払うようにならないと思うんですけどね。
    払うお金がない、払いたくない、って人がポイント目当てに支払うのかなぁ?


    マイラーさんであれば、誕生月にライフカードのポイント5倍を利用して、1年分まとめてEdyチャージして払ってますもんね。

    ちなみに、国民年金は過去2年はさかのぼって支払うことができます。

    つまり、2008年にクレジットカード支払いが開放されることを見越せば、2007年分を来年まとめてクレジットカード払いをすることができるようになるかもしれません。



    ただ、問題なのは、決済日のコントロールができるか、ということですよね。
    Edyであれば、チャージ日を自分でコントロールすることができますよね?
    【国民年金のクレジットカード払いOK・厚労省】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    銀行でお金を下ろすとき、気になるのは手数料です。

    金利がほとんど付かないのに、時間外だったり、自分のカードを違う銀行でカードを使うと、105円、210円と当たり前のように手数料を取られます。
    自分のお金をおろすのに、これだけの手数料を取られるっておかしいと感じている人も多いと思います。


    銀行に手数料を取られたくない。
    でも、急に現金が必要になったときに使えるのが、キャッシングです。


    キャッシングの手数料・金利と銀行手数料を比較したときに、実はキャッシングのほうがお得なケースというのが多々ありますし、金融関係のテクニックに詳しい人たちの間ではよく使われていた方法です。


    もっとも使えるキャッシングカードは、1週間無利息キャッシング【ノーローン】です。

    1週間無利息というのは、借りてから1週間以内に返済をすれば、無利息で金利も一切取られません。
    ということは、ちょっと現金が足りないときに、さっとノーローンを利用して、1週間以内に返済したほうが、銀行カードでおろすよりもはるかにお得です。


    ノーローンの借入は、コンビニ各店舗においてあるコンビニATMから可能です。
    また、返済も同じくコンビニATMから可能。

    返済に行くのがめんどくさくなって、ずるずると利子が・・・というリスクも省けます。

    また、ノーローンは利用額の利子に応じて、ネットマイル・Gポイントがたまります。
    ネットマイル・Gポイントは、ご存知のようにJAL/ANAマイレージに交換可能ですので、マイラー向けのキャッシングサービスといえます。

    ただ、マイレージをためるために、キャッシングをするのは本末転倒ですので、ご注意下さいね。





    1週間無利息キャッシング【ノーローン】
    【銀行でお金を下ろすよりも、キャッシングのほうがお得】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    ユナイテッド航空マイレージプラスとANAマイレージクラブの違いについてです。

    どちらも同じスターアライアンスに属する航空会社ですので、特別な理由がないのであれば、どちらか一社に絞るほうが無難です。

    日系マイレージか、外資系マイレージか、という比較に近いものがありますが、参考まで。
    【ユナイテッド航空マイレージプラスとANAマイレージクラブの比較、違い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    ユナイテッド航空のマイレージがたまるマイレージ・プラスJCBカードのゴールドカード初年度無料キャンペーン中です。

    JCBカードは、昨年末はANAカードのゴールドカード年会費無料キャンペーン、また現在も継続中の◆JCB ゴールドカードカード初年度無料キャンペーンの流れでしょうか?

    そのわりには、前の2例とは異なり、キャンペーン自体の盛り上がりが薄いのですが。。。

    さて、そもそものマイレージ・プラスとはどんなマイレージプログラムなのでしょうか?
    【マイレージ・プラスJCBカード ゴールドカード初年度年会費無料】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    住まいを買っても借りてもマイルが貯まる!ANAのマイルが貯まる不動産情報サイト
    住まいdeマイルの紹介です。

    住まいdeマイルは住宅関係の各種サービスならば、購入、賃貸、マンスリーマンション、建設、リフォーム、引越し 等完備しております。

    住まい関係は、一回の支出額が大きかったり、賃貸のように毎月継続的に支払うものですから、この支出にマイレージが貯まるのは非常に大きいです。


    やり方は非常に簡単。
    住まいdeマイルのサイト内にある、「紹介カード」に必要事項を記入し印刷して、打ち合わせの際に担当者に渡すだけです。

    印刷ができない場合は、ANAレジデンシャルサービスに電話をすれば、紹介カードを発行してもらえます。

    住まい de マイル
    【住まいdeマイル / マイルが貯まる住まい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    ANAマイラー用のEdyチャージメインカードは、先にも触れたANA VISAカードです。
    さて、Edyチャージ用カードは1枚では事足りません。

    Edyが請求があがるのに時間がかかることが多く、いざ使いたいときにチャージできるだけの枠があるとも限りません。

    そこで、チャージ用サブカードが必要になります。
    2枚のカードを使い分けることによって、ムダなくEdyを利用でき、マイルをムダにすることなくためることができます。
    (決済金額がより多くなる人は、第三のカードも必要になります)



    そこで、ANA JCBカードの出番です。

    上級ANAマイラーさんは、ANA VISAカードとANA JCBカードを2枚持ちしていらっしゃると思います。

    ANA VISAカードは、「マイ・ペイす・リボ」でポイント2倍になるので、こちらがEdyチャージ用のメインカードになります。


    ANA JCBカードの基本ポイントシステムは、100円=1マイル。

    年会費2100円(初年度無料)、移行手数料もANA VISAカードと同じく年間2100円です。

    ANAVISAカードは、ボーナスポイント分はマイレージ移行できずに、Gポイントを経由した裏技でマイレージ移行をしていました。


    ANA JCBカードは、ボーナスポイントをそのままマイレージに移行することが可能なのです。


    JCBカードは年間の利用額でボーナスポイント付与のステータスが決まります。

      → スターβ: 50?100万円の場合、100円で1.2マイル
      → スターα: 100万円以上の場合、100円で1.5マイル


    最大で、100円=1.5マイル、1.5%還元率になります。

    リボ払いや誕生月などの特別な条件なしでここまで還元率をあげることができるのは、ANA JCBカードだけです。

    もし、ANA VISAカードのリボ払いが気分的にあまり好ましくないと思っていらっしゃる方は、ANA JCBカードを是非ご利用下さい。
    【ANA JCBカードは、Edyチャージ用サブカードに】の続きを読む

    このページのトップヘ