陸マイラーのマイレージブログ

陸マイラーが、陸マイル・マイレージをとにかく貯めるために、クレジットカード・Edy・ポイントサイトを活用する人のブログ

    2007年03月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    「JALマイレージをザクザク貯めるための7の法則」の読者数名の方から、「次は是非、上級会員への道で」というリクエストをいただきました。
    やはり、陸マイラーの方は、上級会員への関心も高いんですね。

    ボクは昨年に修行をして、JALの上級会員の資格であるJCGを無事ゲットしました。


    とりあえず、今年2度ほどJAL機に乗ったのですが、いわゆる一般会員との違いを、実感として書かせていただくと、こんな感じです。



    他のランカーさんにメリットはこちらで



    ■ 事前座席指定の範囲が広がった

    予約時に座席指定をするときに、一般会員だった頃よりも、空席が多くなったような気がします。

    他の上級会員さんのブログなどを拝見すると、上級会員しか事前予約できない座席もあるようですね。



    ■ 専用チェックインカウンター

    JALグローバルクラブ(JGC)カウンターで手続きをしてもらえるので、混雑することなく、手続きをしてもらえます。
    ただ、今回は友人との旅行だったので、発券&クーポン券を使って、クラスJへのアップグレートがあったため、カウンターに行く必要がありましたが、通常であれば、webチェックインをしてしまうので、あまり頻繁には使わないかな?
    【JAL上級会員(JGC)のメリット】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    クレッジットカードの契約形態には、二者間契約と三者間契約と呼ばれるものがあります。

    難しいことばで書いてありますが、要するに使ったクレジットカードがどこから請求されるか、というのがポイントです。

    二者間契約とは?



    二者間契約とは、商品の販売店や、サービスを提供する会社が発行する、自社だけでしか利用できない契約のことです。
    ハウスカードなどと呼ばれることもある。

    このタイプのカードは、販売会社などが、自社の顧客のみを対象に発行することになるので、発行する会社とカードを利用できる店舗が同じであることになります。
    一部の百貨店やスーパーなどで発行しているカードが、二者間契約の主なカードですね。


    契約関係は、「二者」なので、販売店と利用者の間でのクレジットカードを使った売買契約になります。

    支払いの方法には、一括や、分割、リボルビング、ボーナス一括など種類があります。
    契約の細かい内容は会員規約といった形で作られることが多く、その中に、カードの管理の仕方や、支払いの取り決めについての詳細が記載されています。

    クレジットカードとは「カード会社が利用者に貸している」という扱いなので、より細かい取り決めが必要となっているのです。
    【クレジットカードの契約 /二者間契約と三者間契約】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    クレジットカードには主に二つの役割があります。


    1つ目は、商品を購入する際の支払い方法です。

    カードでの支払い方法に、プリペイドカードというものもありますが、プリペイドカードとの違いは、先にお金を払っているか、それとも後から払うか、ということです。
    名前の通りですね。


    プリペイドカードはカードを手に入れる時点でお金を払わなければなりません。
    一方、クレジットカードの場合は、手に入れるのにお金はほとんどかからないが(年会費等を除く)、代金は完全に後払いのため、場合によってはクレジット会社に申し込んでも拒否される可能性があります。


    クレジットの場合、不払いが発生しかねないと理由からです。


    そのため、カード会社の審査を受け、利用した金額を後払いできると認められなければ、カードを持つことはできないのできません。



    2つ目の役割は、身元を証明する道具の一つとして、です。

    私たちは生活の中で様々な身分証明機能のあるカードを持っています。

    免許証、保険証、レンタルビデオの会員証などもそうかもしれません。

    そのカードによって本人であることが証明され、取り引きができます。

    クレジットカードも同様に、自分の身元を証明することができるのです。
    加えてクレジットの場合は、後払いの信用もついてくるということです。

    このことによって、クレジットカードを持っている本人の身元と支払いを行えることを証明しています。
    一般的にカードを所持しているのが本人かどうかはサインによって確認されます。

    ※ちなみに、欧米では、身分証としてのカードの位置づけが高いようですね。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    今さらですけど、クレジットカードって非常に奥深いシステムです。

    あんなに小さなカードで買い物ができて、ポイントがたまって、旅行に行けてect...と思うと不思議なものです。

    でも、よくよく調べてみると、クレジットカードにはものすごく深い歴史や、マーケティング・データーマイニングのノウハウが集約されていることにおどろかされます。


    といわけで、クレジットカードについて、もう一度0から勉強してみようかな、体系的に説明して欲しいな 、という人向けに、クレジットカードについてまとめますね。

    もうクレジットカードについては、十分理解してるって人は読み飛ばして下さい。
    使う分には関係ないんですけど、クレジットカードの歴史とか、知っておくと面白いかもしれないですよ。
    【クレジットとは何か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    2月28日までで、カルワザカードの入会キャンペーンが終了しましたが、3月からまた新しいキャンペーンを行うようです。


    カルワザカードの新規入会者を対象に、期間中のご利用合計金額に応じて、もれなく賞品ギフトカードがもらえます。
    先日までは、入会者全員だったので、少しハードルが上がってますね。

    でも、そもそも使う気がなければ入会しないのだから、このキャンペーンは事実上誰でももらえるキャンペーンと言っても過言ではないと思います。

    UCSのカルワザカード

    【カルワザカードの新キャンペーン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


    セブン&アイ・ホールディングスは28日、4、5月をめどに発行する非接触ICチップ搭載の前払い方式の電子マネー「nanaco(ナナコ)」に、後払い方式の電子マネーを同時搭載すると発表した。電子マネーで両方式を搭載するのは世界でも初めてという。また、FeLiCa(フェリカ)対応の携帯電話「おサイフケータイ」でも使えるようにするほか、複数のグループ外企業とポイント連携でも合意。利便性を高め、顧客の囲い込みを狙う。

     ナナコは前払い方のカードだが、今回JCBが運営する後払い方式の少額決算サービス「クイックペイ」を搭載、前払い、後払いの両方に対応する。

     また、NTTドコモのおサイフケータイは4、5月から、ソフトバンクモバイルのケータイでも今後店頭の入金や、電子マネー残高などの照会をできるようにする。JCBやヤフー、全日本空輸(ANA)とはポイントで連携、ナナコポイントに双方向などで交換できるようにする。

    ソース( http://www.asahi.com/digital/nikkanko/NKK200703010019.html )




    昨年の発表から、セブンイレブンの電子マネー「nanaco(ナナコ)」が、JAL・ANA、どちらのマイレージ陣営につくのかと気になっていましたが、どうならANA側のようです。

    また、クイックペイを導入し、前払い・後払いの両方に対応というのは、どのようなシステムになるんですかね?
    この件については、もう少し情報が出てくるのを待ちたいですね。
    【セブンイレブンはANA陣営に/ナナコはANAマイレージへ移行可能】の続きを読む

    このページのトップヘ