「JALマイレージをザクザク貯めるための7の法則」の読者数名の方から、「次は是非、上級会員への道で」というリクエストをいただきました。
やはり、陸マイラーの方は、上級会員への関心も高いんですね。

ボクは昨年に修行をして、JALの上級会員の資格であるJCGを無事ゲットしました。


とりあえず、今年2度ほどJAL機に乗ったのですが、いわゆる一般会員との違いを、実感として書かせていただくと、こんな感じです。



他のランカーさんにメリットはこちらで



■ 事前座席指定の範囲が広がった

予約時に座席指定をするときに、一般会員だった頃よりも、空席が多くなったような気がします。

他の上級会員さんのブログなどを拝見すると、上級会員しか事前予約できない座席もあるようですね。



■ 専用チェックインカウンター

JALグローバルクラブ(JGC)カウンターで手続きをしてもらえるので、混雑することなく、手続きをしてもらえます。
ただ、今回は友人との旅行だったので、発券&クーポン券を使って、クラスJへのアップグレートがあったため、カウンターに行く必要がありましたが、通常であれば、webチェックインをしてしまうので、あまり頻繁には使わないかな?

■ 空港ラウンジに入室できる

憧れのラウンジ、先日入室することができました。
実は、ラウンジに入室できるってことが、一番の上級会員を目指すモチベーションだったんですけど。。。

飲み物や、ビール・おつまみがおいてあって、いつでもいただけるというのは嬉しいですね。
新聞・雑誌があるのも、ちょうどいい時間潰しになります。


ただ、サクララウンジは、平日の朝だったこともあってか、スーツ姿のサラリーマンの方でいっぱいでした。
混んでいるときは、少し窮屈かもしれないですね。

でも、空港のちょっとした待ち時間をゆっくり過ごせるのは、やはり嬉しいです。



■ 機内でCAさんが声をかけてくれる

クラスJでの搭乗だったからかもしれませんが、「いつもご搭乗ありがとうございます」とお声がけいただきました。
なんとなく、嬉しいものですね。


■ 預けた荷物がすぐに出てくる

実はこれ、上級会員の中で一番おいしいとボクが思う特典です。
JGCの場合、荷物を預けると、「DOOR SIDE」の札をつけられます。

そうすると、到着空港で、手荷物が優先的に出てきます。
まずはじめに、「DOOR SIDE」の札のある荷物から、例のコンベアーに乗って出てくると。

旅行用カバンってみんな同じような色や形状をしているので、非常に間違えやすいし、いつ出てくるかわからないから、ずっとコンベアーを見てるのって結構めんどくさいですよね。

JGCになってからは、荷物が流れ始めてからすぐに自分の荷物が出てくるので、最初だけ注目すれば言い分楽ですし、混み始める前に空港から出ることができるので、とても便利です。


■ マイルアップボーナス

搭乗マイルが、上級会員分、プラスされます。
少しでも多くフライトマイルがもらえるっていうのは、やはり嬉しいものです。





**************

以上が、今のところボクの感じた上級会員のメリットです。
おそらく、海外旅行に行く際などは、もっと大きなメリットがあるように思うのですが、まだ機会がないもので・・・


上級会員への道、時間を見つけてまとめたいと思います。

でも、とりあえずは、JALカードを持つことが第一条件ですよ。




たまるうれしさ、使う楽しみ。マイルがどんどんたまるJALカード