JALマイレージが貯まるクレジットカードで、1枚見落としていたカードがありました。

「JALマイレージをザクザク貯めるための7の法則」の読者様にも、紹介してなかったですね。

うっかり抜けです、すみません。


そのカードの名は、UFJ二コスカードです。

今一番熱いのは、人気ブログランキングです。


このカード、調べれば調べるほど、複雑なポイントシステムで取っ付きにくい感はありますが、JAL陸マイラー的には還元率の高いカードに仕上がっています。


まず、ご利用金額1,000円につき1ポイントたまるのが基本還元のわいわい
プレゼント。


1ポイント=2マイルなので、1000円 = 2マイル


この0.2%の還元率では、正直お話になりません。
が、UFJ二コスカードには、「NICOS スマイルクラブ」というポイントプログラムが、別途あるのです。



NICOS スマイルクラブ について




NICOS スマイルクラブに、入会すると、

  1000円=1ポイント=10マイル

の1%還元が可能になります。

つまり、UFJ二コスカードには、

  •  わいわいプレゼント
  •  NICOS スマイルクラブ



という2つのプログラムがあり、それぞれの還元レートが違う、ということです。
これが複雑に思って、ボクは手が出せなかったのかも。。。



たとえ話をします。

10,000円利用した場合、


  わいわいプレゼントは、10ポイント=20マイル
  NICOS スマイルクラブは、10ポイント=100マイル


と、これだけのマイル数を得ることができるのです。


まとめると、10,000円=120マイルですので、還元率は1.2%になります。


EdyチャージOKのカードでは、これだけの高還元は稀です。
なんで、今まで調べなかったのだろうと、ちょっと後悔してます、ボク。



わいわいUp ボーナス



1.2%の還元に加えて、ちょっとした小技でもう少し還元率を上げることができます。

わいわいプレゼントは、一定以上の利用があると、翌年からの還元率がアップするわいわいUp ボーナスというものがあります。


 年間利用額が100万円以上 ⇒ 50%up
 年間利用額が 50万円以上 ⇒ 20%up



つまり、最低1.2%以上の還元はあるということです。
Edyチャージで、1%を超えるカードはなかなかないので、貴重ですよ。



年会費・移行手数料




還元率はわかったので、次にコストについてです。
NICOS スマイルクラブには、年会費と移行の際に、手数料がかかります。

 年会費3,150円
 マイレージ移行手数料1,050円/回

スマイルクラブは、3年間ポイントの有効期限があります。
年間15万ポイント(15万マイル)まで移行可能なので、移行は3年に1度で
十分です。


NICOS スマイルクラブ 対象カード・対象外カードがありますので、こちらから確認してみて下さい。


■ NICOSスマイルクラブのご案内



EdyチャージOK



最初にも述べましたが、EdyチャージはもちろんOK。
ポイント対象になりますので、JALマイラーのEdyチャージカードとして重宝するはずです。

調べていて、まず自分が申し込むべきカードだな、と思いました、常識。
ANA JCBカードの先日落選したので、その代わりのカードをちょうど探して
いたところなので。

JALマイラーならば、Jiyu!da!カードエンタカードカルワザカードをメインにして、UFJ二コスカードをバックカードにするのが、ひとつの正解かもしれません。



JAL系 Edyチャージ



UFJ二コスカードのほかのEdyチャージOKで、JALマイレージが貯まるカードをあげておきます。




これから、Edyチャージカードを検討される方は、UFJ二コスカードを含め、これらのカードと比較・検討をしてみて下さい。



最大5500円のギフトカードがもらえます




今回、UFJ二コスカードについて、まとめようと思ったきっかけは、このキャンペーンです。



公共料金・携帯電話のお支払い設定、楽Payのご利用、ETCカードのご利用などNICOSカード7つのお得で最大55000円分のギフトカードをプレゼント!

 ■ 詳しくはこちらから/UFJ二コスカード

入会キャンペーンは、9月27日(木)まで開催しています。
3ヶ月程度のスパンの長いキャンペーンですので、ゆっくりご検討下さい。