メルマガ読者さんからいただいた質問です。
いつもありがとうございます。


上級会員への道・改悪とは→→→continued on the ranking


今年、上級会員を目指している者なのですが・・・
昨日、ANAのホームページを確認して???


2008年からANAの上級会員になる条件が変更になったとのこと。

これもまた、改悪なのでしょうか。
ご意見をお聞かせください。



ご質問、ありがとうございます。
これについては、昨年も少し書いたかと思うのですが、ANAについては改悪ですね。

昨年までの上級会員の条件は、下記のものでした。
(JAL サファイヤ・ANA プラチナ)


 1、5万ポイント
 2、搭乗50回以上、かつ1.5万ポイント



ポイントというのは、フライトマイルに応じて加算されるポイントで、下記のようなものです。


 国際線1マイル=1ポイント
 日本発着中国・香港線1マイル=1.5ポイント
 日本国内線1マイル=2ポイント


 JALの場合は、FLY ON ポイント
 ANAの場合は、プレミアムポイント と呼ばれています。



さて、下記のルールが今年からANAに関して、変更になりました。


 1、5万ポイント


2がなくなり、1だけになりました。

つまり、距離の長い路線にある程度、乗らなければならない、ということですね。

距離の長さと、航空運賃は比例しますので、必然的に去年よりも、上級会員の取得コストはあがっています。

昨年までは、「羽田?大島」「福岡?対馬」のような、距離の短く、航空運賃が安い路線に何度も搭乗し、搭乗回数を稼ぐ。

それだけでは足りないので、「羽田?那覇」のようなところを加えて、ポイントをプレミアムポイントを稼いで、1万5000にする、というのが、マイレージ修行の主流でした。

それが、今年からはANAに関してはできなくなっています。

JALのほうがマイレージ修行はしやすくなっているんですよね。
ルール改正は、すべてJALのほうが有利に動いていますよ、きっと。

今、JALとANA、どちらがいい?って聞かれれば、間違えなく、今は、JALですね。


☆ JALマイラーはまずこのカードから


上級会員のコンテンツも作るといってまだですね。
う?ん、早くやらないと・・・