メルマガ読者の立派なおっさん さんからいただいた、メール、紹介させていただいていなかったものがあったので、ご紹介を。

いつも非常に深い洞察をいただきます。

ボクも持ってますし、多くの方がお持ちだと思う、このカードの今後について。

今日は米国クレジット状況について報告します。
米国でのクレジットカードとは、 ずばり "借金の道具" です。



カードを所有すると限度額一杯まで使用し、Minimum payment (リボ払いと同等と
考えて下さい。)のみ支払うのが普通です。 限度額まで到達すると、次のカード、
その次のカードと繰り返し、与信額一杯までカードを持つのが一般的な使い方です。



これで回っているうちは良かったのですが、サブプライム以降、住宅債権が焦げ付き、
クレジットカードの焦げ付きが世間に知られ渡るのも時間の問題と思います。

焦げ付き金額は住宅債権よりは小さいものの、この小さい負債を吸収できるほどの
体力は欧米金融機関には残っていないでしょう。



その結果どうなるか?
米国で焦げ付いたカードの損害を回収するために、日本等で大量に発行し、
穴埋めを図るのがリーズナブルではないでしょうか?
(今のCitiに昔ほどの体力は残っていないので) 


入会金を上げるのは困難なので、リボ・キャッシングの金利で稼ぐために、
更なるリボ・キャッシングキャンペーンを打ってくるのでは予想しています。



一方NWとしても、この時期でも太平洋路線は比較的搭乗率が高く
(DTW-日本間に乗った人ならわかりますよね。)

ボロ儲けでは無いにしろ、そこそこ稼げる。

また、来年からの総量規制の問題もあるので、JAL/ANAのマイル制度改悪を踏まえて、
キャンペーンマイルを餌に攻め込みたい。
(邪悪ですが、デルタへの発言力を増すための土産が必用かもしれません)



この両者の思惑がかみ合わさったのが、さらなるマイレージキャンペーンと
理解しています。
(でなければ、NW/Citi&Dinersだけ突出してキャンペーンを行う必要がない。)






よって、われらがマイラーとしては、彼らの策略にのらず、正しく?マイルを
いただく必用があります。


1. 年会費を払ってマイルを得る必要があるか?  
   利用額で得るマイル vs バイマイルの計算をしっかりと。

2. リボ・キャッシングは行わない。
   キャンペーンマイルが魅力的ですが、金利分でバイマイルが正解です。

3.2年目以降を考える

   いうまでも無く、与信枠の確保です。
   Citiのみならず、既存カードの整理方法もしっかりと。






ありがとうございます。



クレジットカードが借金の道具については、よく聞く話ですね。

でも、アメリカ人がムダ使いをガンガンして、支出をしてくれることで、
いろんなものを買って、景気が下支えされる。


日本人が一生懸命貯金したお金が、日本が低金利ということもあって、
いわゆる円キャリーでアメリカに流れて、さらにそれに加速がかかる。


経済学部でもなんでもない素人ですけど、こんな話は聞きますよね。





アメリカのシティバンクは、どう考えてもつぶせないわけで、
あとはどう立て直し、収益を出していくか、
おっしゃるように、比較的金融ショックのキズが浅かった、日本で、ってなるのかな。

うーん、グローバル!





○ ノースウエスト&シティゴールドカード ・・・ キャンペーン中



○ ノースウエスト・ダイナース ・・・ キャンペーン中





確かに、カード会社も年会費無料カードでは収益が出にくいので、
少しずつ、年会費有料カード・ゴールドカードにシフトをさせるか、
リボ払いを利用させようと画策してますからね。



このあたりはよくよく考えませんと・・・






立派なおっさん さんのメールにいろいろ意見を出そうと思ったのですが、
まとまりすぎていて、パッとしたことがいえずにすいませーん。。。。