ブログネタ
★☆★ 空港・飛行機★☆★ に参加中!
えっと、ANAアメックスカードのメリットとして、モバイルSuicaへのチャージが可能、かつポイント(=マイル)対象になる点があります。

ただ、モバイルSuicaって、スマートフォン対応への対応ができていません。一部のアンドロイドケータイは対応済みですが、iphoneには入りませんしね。

ってわけで、そういうモバイルSuicaが使えない陸マイラーさんは、ANA VISA Suicaカードがオススメ。

このカードはSuicaへのオートチャージに対応しておりますので、モバイルSuicaの代わりになるANAマイラー向けクレジットカードです。

ただ、年会費やポイント移行を考えると、やっぱりANAアメックスのほうがモバイルSuicaの扱いを考える上で、有利かもしれません。


ANA VISA Suicaカードのランニングコストは

・年会費2,100円(初年度無料)
・マイル移行手数料6,300円(年間)

マイル移行コースに関しては、6,300円支払うことで、100円=1マイルの還元率が1%。
無料コースの場合は、100円=0.5マイルの還元率0.5%。
まあ、1%還元を優先させるとして、年間8,400円

(マイ・ペイすリボで年会費を節約できる方法ありますので、一応)
詳しくはこちら


一方、ANAアメックスカード

・年会費 5,250円
・モバイルSuica年会費 1,000円
・マイル移行手数料5,250円/3年
→ 1,750円/年

マイル移行に関しては、3年に1度交換をすればいいので、実質の年コストは、1,750円。だから、年間8,000円。


なので、ざっとみたところでも、ほぼ同額くらい。
であれば、ANAアメックスカードのほうが、カードスペック(付帯保険やラウンジ利用など)を考えれば、よりコストパフォーマンスは高いカードです。


ちなみに、深町はモバイルSuicaを利用するために、通常のケータイとスマートフォンの2台持ちしてます。
いろいろ考えた結果、2台まとめるほうが安いし、使い勝手もいいんですよ、実際。


・・・ってまあ、話がそれましたが、こういう視点からカード選びするのも面白いですよね!

ANA VISA Suicaカード ギフトカードプレゼント


 ★ 我らがANAアメックスカードのキャンペーンもあとわずか!

ANA AMEX カード
≪17,000マイル相当≫ ANA アメックスカード

★ ≪22,000マイル相当≫ ANA アメックスゴールドカード