ブログネタ
ラスベガス旅行記♪ に参加中!
ってわけで、アメックスの新カードのデルタアメックスの話。

まだ見てないって方は、下記のサイトを参考に

⇒ デルタアメックス 公式サイト

⇒ デルタアメックス 深町まとめ





で、とりあえずデルタ航空のスカイマイルは、ノースウエストのワールドパークスの時代からニッポン500マイルキャンペーンがあり、国内搭乗で500マイルもらえる、と。

通常のデルタのマイレージ一般会員だと、10回5,000マイルまでだけれど、デルタアメックスカードを持つと、自動的にスカイマイル・メダリオン会員になることができるので、40回20,000マイルまで貯めることができる、と。

まあ、国内年間40フライトってかなりの数ですが、ビジネス利用の人や、地元が地方って方は、普通に行く数字かな?


まあ、とにかくこれで20,000マイルは貯められるようになります。





で、マイルの使い道。
デルタ航空は乗らないっていう人でも、デルタのマイルを貯めるべきで、もっと行ってしまえば、海外旅行に興味がないって人でも、このカードは持っても損しません。


それが、これ



つまり、デルタのマイルを1マイル=1円で、JTBの旅行券に最大30,000マイルまで交換できるのです!!



ってことは、


 1 国内便に乗る 
 2 航空券をデルタに送り、デルタマイルを加算(最大40回まで)
 3 デルタマイルをJTB旅行券に交換


はい、これだけで、1円も使わずに、年間最大30,000円分のJTBギフト券が手に入るわけです。

で、この「3 デルタマイルをJTB旅行券に交換」をするには、デルタ航空スカイマイル会員のうち、ダリオン会員 か 提携クレジットカード会員である必要があります。

もちろん、デルタアメックスであれば十分ですよね?
提携カードでもあるし、メダリオン会員も付与されますし・・・

公式サイトにも、メダリオンって書いてあるでしょ?




もしくは、デルタのマイルをJTBの航空券に変えるだけならば、他のデルタ提携クレジットカードでもOKです。
その場合だと、一番年会費が安いのは、テイクオフカードで、初年度無料、次年度以降1,575円になります。



ただ、この場合、メダリオン会員は付与されませんので、「2 航空券をデルタに送り、デルタマイルを加算(最大40回まで)」が最大10回(5,000マイル)までってことになります。

まあ、どっちを取るのかって話ですねー


とりあえず、年間40回以上は国内線に乗るって方は、2万円分の旅行券がもらえるわけですから、年会費の12,600円を差し引いても、だいぶオトク。

っていうのが、デルタアメックスカードのメリットですね。

・・・今日は、こんな感じでー
また次号で続きをまとめようと思います。


★ アメックスの新カード デルタアメックスについてはこちら
デルタアメックスカード
≪入会5,000マイル相当≫ + シルバーメダリオン付与

★ デルタ スカイマイル | アメリカン・エキスプレス(アメックス)