昨日のSPGに国内ホテルのカテゴリーに続いて、マリオット&リッツカールトンも。。
こちらも自分用ですが。。。


一応、昨日のSPGの国内ホテルまとめは、↓こちらから
SPGホテルの日本国内全20ホテルをカテゴリー別にまとめ


カテゴリ6(30,000ポイント=10,000SPGスターポイント)
 名古屋マリオットアソシアホテル (愛知県)

カテゴリ7(35,000ポイント=11666SPGスターポイント)
 コートヤード・マリオット銀座東武ホテル (東京都)
 モクシー東京錦糸町 (東京都)
 富士マリオット・ホテル山中湖 (山梨県)
 軽井沢マリオット・ホテル (長野県)
 伊豆マリオット・ホテル修善寺 (静岡県)
 琵琶湖マリオット・ホテル (滋賀県)
 コートヤード新大阪ステーション (大阪府)
 モクシー大阪本町 (大阪府)
 南紀白浜マリオット・ホテル (和歌山県)
 ルネッサンス リゾート ナルト (徳島県)

カテゴリ8(40,000ポイント=13333SPGスターポイント)
 ザ・プリンス さくらタワー東京、オートグラフ コレクション (東京都)
 東京マリオットホテル (東京都)
 コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション (東京都)
 大阪マリオット都ホテル (大阪府)
 オキナワ マリオット リゾート&スパ (沖縄県)
 ルネッサンス・オキナワ・リゾート (沖縄県)




そして、リッツカールトンはカテゴリーではなく、ティアという名称で
ランク分けをしてます。



ティア3 (50,000ポイント=16,666SPGスターポイント)
 ザ・リッツ・カールトン大阪 (大阪府)

ティア4(60,000ポイント=20,000SPGスターポイント)
 ザ・リッツ・カールトン沖縄 (沖縄県)

ティア5(70,000ポイント=2,3333SPGスターポイント)
 ザ・リッツ・カールトン東京 (東京都)
 ザ・リッツ・カールトン京都 (京都府)




こう考えると、SPGポイントって、SPGホテルではなく、マリオットのポイントに移管して、
こっちで使ったほうがトクですよね、ほとんどの場合において。

だって、ザ・リッツ・カールトン沖縄=SPGカテゴリー6 に相当ですから。
来年以降は合併でどうなるか、未知数なので、もしポイント利用するなら、
今年中がいいのではないかと。

どう考えても、この落差は是正されるでしょ、きっと。



まあ、いずれにせよ、すべてはSPGアメックスカードからなので、
まだ持ってないって方がいたら、お早めに申し込みをー


 ・ SPGアメックスカード 深町からの紹介ページ

 ・SPGアメックスカード お友達紹介プログラム 期間限定キャンペーン



-PR- 深町オススメカード


★SPGアメックス スターウッドのホテル系カード

 ☆ SPGアメックスカード 公式サイトはこちら。無料宿泊特典についても

 ☆ SPGアメックスカード 深町からの紹介ページ